中古ドメインを新規ドメイン価格で取得するための探索方法と選定のポイント

中古ドメイン

SEO対策に効果的な施策の一つに、過去に放棄され、新規ドメインとして扱われることがある「中古ドメイン」の活用があります。

今回は、中古ドメインを新規ドメインと同等の価格で取得するための方法について、詳しく解説します。

一般的に中古ドメインは数万円から数十万円で取引されることが多いですが、ここで紹介する手法を用いることで、新規ドメイン価格で中古ドメインを取得することが可能になります。

中古ドメインを使って11記事で27万円稼いだ方法

中古ドメインと新規ドメインの違いとその特性

一部のドメインは、以前に利用者が存在していたにも関わらず、その更新がなされずに新規ドメインとして扱われていることがあります。

このようなドメインは、名前こそ「新規ドメイン」と呼ばれていますが、過去の利用歴が存在し、ドメインランクや被リンクが既に存在している点から見れば、中古ドメインと同じです。

これらのドメインを探し出し、新規ドメイン価格で中古ドメインを取得することは、ドメイン活用の新たな選択肢となります。

中古ドメイン選定のための3つの重要なポイント

中古ドメインを選定する際には、以下の3つのポイントを重視します。

これらを遵守することで、より品質の高い中古ドメインを見つけることが可能となります。

選定作業は、過去の運営歴、検索流入キーワード、被リンクの内容の確認を主に行います。

  1. Expireddomains.netで条件を設定し、可能な限り対象のドメインを絞り込む
  2. Waybackmachineで過去の運営歴を確認し、そのドメインがどのように使われていたかを把握する
  3. Ubersuggest or SEMRUSH or SERankingで検索流入キーワード・被リンクを確認し、そのドメインの価値を評価する

中古ドメイン選定に活用するツールとサイトとその詳細

中古ドメインの選定には、前述したツールやサイトを駆使することで、中古ドメインの価値を詳しく調査することが可能です。

  • Expireddomain.net: このサイトは、世界中の期限切れになったドメインの情報を無料で提供しています。ここでリスト化されている中古ドメインを精査し、取得するドメインを選定します。
  • Waybackmachine: このサイトは、中古ドメインの過去のページの状態を確認することができます。過去にどのようなコンテンツが掲載されていたかなど、ドメインの使用歴を詳しく調べることができます。
  • Ubersuggest, SEMRUSH, SERanking: これらは中古ドメインの被リンクの内容を確認するツールです。これらのツールを用いることで、ドメインのSEOパフォーマンスを評価することができます。被リンク元のドメインや被リンクの内容を詳しく確認することができます。

これらのツールは無料プランでも利用可能ですが、複数回検索を行うと使用制限がかかることがあります。

そのため、高品質な中古ドメインを無料で探すためには、数日に分けて中古ドメインのチェックを行う必要があります。

まとめ

中古ドメインの活用は、ウェブサイトやビジネスの成長を促進するための戦略で、中古ドメインを新規ドメイン価格で取得することは、賢いドメイン運用方法の一つと言えます。

自身の運用方針に合ったドメインを選び、最適な運用を行いましょう。

最適な中古ドメインを見つけ、自分のブログやサイト、ビジネスに活用しましょう。

中古ドメインを使って11記事で27万円稼いだ方法

 

タイトルとURLをコピーしました